ローンの特約とは

ローン特約をいう言葉を耳にすることがあります。
ローン特約とはいったいどのような意味があるのでしょうか。
ローン特約とは売買契約締結後に万が一住宅ローンを借りることができなかった場合、売買契約を白紙にできるというものです。
もしもローン特約がない住宅契約を交わした場合は、ローンが利用できなかった時の支払い手段がなくなります。
契約を破棄する場合の違約金や、損害賠償金を支払わなくては、売買契約をなかったことにはできません。
そうなったならば、業者にも責任をとってもらうべきです。
銀行から事前調査によるローン契約の内定があったことで安易に住宅ローン特約を外してしまうとこのような事態になります。
ローンの内定があったにも関わらず融資の承認が下りなかったというのは、かなり厳しい状況かもしれません
。事前審査で申告した内容に虚偽の記載があったり、提出書類を故意に書き換えていたりすることもあるようです。
申込みをした本人に問題がなくても、銀行の審査の基準がいきなり変化をすることもあるようです。
金融会社を新しく探し出すのは、なかなか大変なものです。
売買契約を結ぶ時は、仮に銀行から融資の内定をもらっているという時でも、あえてローン特約をつけるぐらいしておくといいでしょう。