ローン特約の注意すべき点について

家を購入するときの売買契約書にはローン契約というものがあります。
ローン特約とは住宅ローンの借入ができなかったときに売買契約書を白紙に戻すというものです。
何もなかったかのように支払った手付金を返してもらえるのです。
ローン特約をつけておくことは、売買契約を交わす時には必須です。
ローン特約を結ぶ時には、その金融機関名、金利や返済方法をはっきりさせておくことで、トラブル防止になります。
売買契約を結ぶ時と、住宅ローンの手続きをするのは時期的に重なっていることが定番ですが、そうでない場合もあります。
新築マンションのように完成まで半年も1年も待たなければならない場合には、売買契約時点で住宅ローンを決めるのはおすすめできません。
契約書そのものの安全性だけ考えれば契約時に借り入れ内容を明記したほうが良いともいえます。
矛盾をどうすれば良いのでしょうか。住宅ローンの内容は記載しておきましょう。
そして、ローン特約の詳細のところに、最終的に利用するローンは買い主が承諾した内容に変更することができるという文章を書き足しておくことで解決するでしょう。
最終的に決定する住宅ローンの内容が、売買契約時の内容に左右されないものであれば問題はありません。
ローン特約を利用する時には、あらかじめ条件について不動産会社と折り合いをつけておくことが大事です。